• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.12136.13

SozoVentures創業者が語る「トップレベルVC」の実態とは? 投資の判断基準や実績の見極め方に迫る

玉石混交の未上場スタートアップの中から、未来を創る企業に投資を行うベンチャーキャピタル(以下、VC)。アメリカでは8,000社以上のVCが存在する一方で、スタートアップ投資を成功させ十分なリターンを得ているのは、そのうちわずか1%にすぎないと言われています。

シリコンバレーを拠点とするSozoVenturesは、ZoomやTwitter、Coinbaseなど、今では著名となったスタートアップへの投資実績を重ねてきたVCです。その成果を生み出している要因の一つが、世界トップレベルの投資運用実績を誇るVCの裏側に精通していること。その知見を棚卸しし、体系化した一冊が、2022年3月15日に出版された「ベンチャー・キャピタリストー世界を動かす最強の『キングメーカー』たち」です。

2022年3月17日には同著の出版を記念し、SozoVentures、三菱地所、TMIPによる共催イベント「世界のイノベーショントレンドとVCとの付き合い方」が開催されました。登壇いただいたのは、SozoVentures共同創業者ゼネラルパートナーのフィル・ウィックハムさん、同じく共同創業者ゼネラルパートナーの中村幸一郎さん、そしてマネージングディレクターの松田弘貴さんです。イベントでは、VCによる投資の実態や世界で注目すべきイノベーショントレンドなどについて話が展開されました。

〈会場:東京21cクラブ〉
〈会場:東京21cクラブ〉

トップレベルのVCは、“プレゼン”だけで判断しない

VCの世界における原則の一つとして、「投資に成功したVCは、高い確率で次の投資も成功する」ことが挙げられると話す中村さん。そのうえで、SozoVenturesは「投資運用実績がトップ1%のVCが投資しているスタートアップに対し、共同で投資する」と「優れた国外スタートアップと日本企業における連携を促進し、有力な投資機会を勝ち取る」の大きく二つの方法によって、スタートアップ投資を実行しているといいます。そのビジネスモデルについて、中村さんは「鵜飼いの『鵜匠』モデル」と表現します。

SozoVenturesは投資先候補の何を見て、支援するか否かの意思決定をしているのでしょうか。中村さんは「投資先候補のプレゼンを見ただけで判断することは、滅多にありません」と断言します。

中村さん「例えば皆さんが金融機関で働いているとしましょう。その日初めて会った代表や創業メンバーによる事業プレゼンを、20分ほど聞いたとします。そのまま『今、融資をするか決めてください』と言われて、判断できるでしょうか?恐らく情報があまりにも少ないため、無理だと思います。

スタートアップへの投資でも同じです。私たちは、その企業がどのようなビジネスを展開しているのか、競合とどのような差別化が図れているのか、事業の実績はどのような状態かなど、丹念に調べたり、分析したりします。その上で、投資をするかどうか、一つひとつの機会を徹底的に吟味するのです」

松田さんは「VCが投資判断に至る実際のプロセスについては、書籍やメディアでは語り切れていない部分も多い」と話題を続けます。

松田さん「『ベンチャー・キャピタリストー世界を動かす最強の『キングメーカー』たち』の中で、ピーター・ティール率いるFoundersFundによるDeepMindへの投資について触れています。

そこでは、ピーター・ティールが『DeepMindへの投資は、やらない理由はない』という一言を発したことで投資が決まったといった内容が書かれています。たしかにそれも間違いではない一方で、その一言の裏側には世界中の機械学習カンファレンスに参加したり、有名教授やスタートアップの論文を読み漁ったりといった、入念な下調べが積み重ねられています。まさに、優雅に見える白鳥が水面下で必死に足を漕いでいるように、世界トップレベルのVCでも必死に、緻密に努力を重ね情報収集に力を注いでいるのです」

中村さんと松田さんは、実績のあるVCの見分け方についてもその要諦を説明します。

中村さん「実績のあるVCかどうか見分けるためには、『いつ、いくらで投資し、どれほどのリターンを得たか』を確認することが欠かせません。

著名な企業に投資をしていたとしても、ベンチャーキャピタルによっては、上場からしばらく経ってから投資をしたり、IPO直後のセカンダリーで慌てて投資したりしている場合もある。中には、上場した後の株式を小口で購入し、『有名な会社の投資家です』と公表することもあります。

『有名なスタートアップに投資をしている』と宣言していたとしても、必ずしもそのVCに“実績”があるとは限りません。また、情報開示が不十分ではないかという観点も、そのVCが信頼できるかを判断するうえではポイントの一つになります」

松田さん「『どのタイミング』で『どのような条件』で投資をしたのか。投資家としてそのVCが本質的な実績を持ったかどうかを知るためには、ポートフォリオを見るだけでなく、その裏側やプロセスについて情報収集したり、直接聞いたりすることが重要です」


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)