• 日経平均26739.03336.19
  • ドル円127.89127.90

NY株急落、809ドル安 景気減速懸念で売り膨らむ

26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前日比809・28ドル安の3万3240・18ドルで取引を終えた。終値として3月中旬以来、約1カ月ぶりの安値水準となった。中国での新型コロナウイルス感染再拡大を受けて世界的に景気が減速するとの懸念が強まり、投資リスク回避の売りが膨らんだ。

ニューヨーク株式市場のトレーダーたち(AP)
ニューヨーク株式市場のトレーダーたち(AP)

ハイテク株主体のナスダック総合指数も急落して514・11ポイント安の1万2490・74と、終値として2020年12月以来、約1年4カ月ぶりの安値を付けた。

景気動向に敏感とされる銘柄に加え、四半期決算の発表を控えたIT銘柄で業績悪化を警戒した売りが広がったことも相場を押し下げた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速するとの観測も重荷となった。

個別銘柄では、スポーツ用品のナイキや航空機のボーイングが大幅安となった。医薬品のファイザーは上げた。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)