• 日経平均28942.14-280.63
  • ドル円135.16135.21

「ロシアに占領されても電子政府で対抗」旧ソ連崩壊の引き金・バルト三国が“プーチンの野望”を挫く

PRESIDENT Online

独立宣言、ソ連軍の介入、国民投票へ…

バルト三国には第二次世界大戦後、多数のロシア人が移住しています。彼らは、当然ですが、独立の動きが高まるのに対し、ソ連残留を望みました。

リトアニアが独立を宣言すると、親ソ派はソ連軍の介入を要請し、ソ連軍がリトアニアの首都ビリニュスの放送局を占拠しました。この時、14人の死者と数百人の負傷者が出ています。さらに、ラトビアの首都リガでも、ソ連軍が内務省などを攻撃し、死傷者が出ました。

しかし、このソ連軍による攻撃のあと、リトアニア、ラトビア、エストニアでそれぞれ独立の是非を問う国民投票が実施され、リトアニアでは9割、ラトビア、エストニアでも7割以上が独立に賛成という結果が出ます。

親ソ派のクーデターの失敗

ゴルバチョフ大統領は、三国の自治権を認めつつ連邦に残留させられないか探りますが、ソ連政権内の保守派は、バルト三国に妥協的なゴルバチョフに危機感を募らせ、クーデターという行動に出たのです。

クーデターが起きると、バルト三国内でも親ソ派がソ連軍と共にテレビ局や電話局を占拠しましたが(エストニアではテレビ塔の占拠に失敗)、クーデター反対に立ち上がった市民によって退去させられました。

モスクワのソ連保守派のクーデターも失敗し、その4カ月後にゴルバチョフがソ連の解体を発表しました。こうして見ると、バルト三国の独立がソ連解体への直接の引き金になったといえるでしょう。

「歌う革命」で平和的に独立回復

ところで、バルト三国のそれぞれの国に、大規模な「歌と踊りの祭典」があることを知っていますか?

バルト三国の「歌と踊りの祭典」はユネスコの無形文化遺産にも指定されています。エストニア、ラトビアでは5年ごとに、リトアニアでは4年ごとに行われています。

19世紀後半に始まり、各地から民族衣装を身につけた人々が集まって、歌と踊りを披露します。最大規模のエストニアでは何万人もの歌い手とダンサーが登場し、聴衆と合わせて10万人以上が参加する国を挙げたイベントなのです。

ソ連に併合されていた時代にもこの祭典は続いていましたが、それは当局による懐柔(かいじゅう)政策の側面もあったと見られています。ゴルバチョフ政権下の1988年9月、エストニアの首都タリン郊外の野外音楽堂で開催された祭典では、25万人以上が集まったといわれ、祖国を思う歌を歌い、独立回復を主張しました。

これを機に、三国では音楽集会や独立運動のデモで、盛んに祖国の音楽を歌い、演奏するようになりました。常に歌と共に、平和的に闘ったことにちなんで、バルト三国の独立に至るまでの行動は<strong>「歌う革命」</strong>とも呼ばれているのです。

超電子立国エストニア

近年、バルト三国で世界的に関心を集めているのが、エストニアのICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)です。

たとえば、インターネット電話サービスのスカイプ(Skype)はエストニアで開発されたものです。

エストニアは小さな国ですが、世界の中でもトップを行く「電子国家」なのです。15歳以上の全国民と永住者に、本人確認やオンライン認証、電子署名が可能な国民IDカードが配布されています。このIDカードによって、役所で行うような手続きは、ほとんどネット上でできる状態になっているのです。

さらに、国政選挙の電子投票や電子裁判も行われており、「e-エストニア」という国家キャンペーンを張るほど、IT化が進んでいます。日本もデジタル化を進めたいので、自治体や企業がエストニアに視察団を送って、いろいろ学んできています。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)