• 日経平均26739.03336.19
  • ドル円127.85127.88

鉄鋼大手3社好決算、日鉄とJFEは黒字転換

鉄鋼大手3社の令和4年3月期連結決算が11日に出そろい、最終損益は神戸製鋼所が大幅増となったほか、日本製鉄とJFEホールディングス(HD)は黒字転換した。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ鋼材需要が回復。日鉄とJFEHDは、鉄鉱石や石炭といった原料コストの上昇に対する価格転嫁が進んだことも業績改善に寄与した。

日本製鉄本社が入るビル前の看板=東京都千代田区
日本製鉄本社が入るビル前の看板=東京都千代田区

同日決算を発表した神鋼は、最終利益が前期比2・6倍の600億円となった。鉄鋼事業やアルミニウム事業の収益が改善。売上高は同22・1%増の2兆825億円となり、平成21年3月期以来の2兆円超えとなった。

日鉄の最終損益は6373億円の黒字。324億円の赤字だった前期から黒字転換し、3年ぶりの黒字となった。また平成24年に旧新日本製鉄と旧住友金属工業が統合し、日鉄の前身である新日鉄住金が誕生した後では過去最高となった。JFEHDの最終損益も、2880億円の黒字(前期は218億円の赤字)に転換。売上高は初めて4兆円を超えた。

ただ、原料価格が高止まりしているほか、ウクライナ情勢や中国経済の減速も懸念される中、経営の先行きには不透明感が漂う。このため、令和5年3月期は日鉄とJFEHDが予想を見送った。

神鋼は最終利益を4年3月期と同額の600億円、売上高は過去最高の2兆3700億円と予想したが、勝川四志彦取締役は同日の記者会見で「マクロ経済環境が想定以上に悪化する可能性もある」と話した。(井田通人)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)