• 日経平均26402.84-508.36
  • ドル円127.47127.48

「メンタルが弱いからではない」心療内科医が指摘する“職場で心を病む人”の共通点

PRESIDENT Online

職場でメンタル不調になりやすい人にはどんな特徴があるのか。心療内科医の鈴木裕介氏は「真面目で善良な人ほど心身を病みやすい。一人で抱え込まず、自分に不快を与える人をうまく遠ざけることが大切だ」という――。(2021年にプレジデントオンラインで配信した人気記事から、いま読み直したい「プレジデント編集部セレクション」をお届けします――。〈初公開日:2021年11月5日〉)※本稿は、鈴木裕介『我慢して生きるほど人生は長くない』(アスコム)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/gahsoon
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/gahsoon

社会にはあなたの真面目さや善良さにつけ込む人がいる

最初にみなさんにお伝えしたいのは、「社会には不公平なトレードがあふれている」ということです。

私たちは日々、いろいろなものを他人とトレードしながら生きています。家族や恋人、友人とは愛情や思いやりをトレードし、お店では商品やサービスと代金をトレードし、職場では労働時間や労働力、能力、アイデアなどと給料をトレードし……。

この世の中は、そうしたおびただしい数のトレードによって成り立っています。

ただ、トレードは必ずしもフェアに行われているとは限りません。代金に見合わない商品やサービスは山のようにありますし、愛情や思いやりに関しても、「一方ばかりが愛情を注ぎ、もう一方はそれに応えるどころか、愛情や恩を仇で返すようなことをする」というのは、よくあることではないでしょうか。

もちろん、会社においても同様です。

というより、会社こそ、不公平なトレードに満ちているといえるかもしれません。

会社にあふれた“不公平”なトレード

たとえばあなたは、職場でこんな状況を味わったことはありませんか?

  • いわゆる「ブラック企業」で、パワハラが横行し、上司や経営者によって厳しいノルマを課され、サービス残業の連続で、睡眠時間もろくにとれない。
  • 形骸化した意味のない会議や打ち合わせ、手続きに、やたらと時間をとられる。
  • 「一番年下である」「女性である」などを理由に、ほかの人がやりたがらない雑用を押しつけられる。
  • 上司や同僚に仕事の邪魔をされたり、手柄を横取りされたりする。
  • 良かれと思って同僚の手伝いを申し出たら、どんどん仕事を押しつけられ、ミスの責任まで負わされる。
  • やる気のない部下の教育を任され、仕事の足を引っ張られ、ストレスばかりがたまっていく。
  • クライアントが、代金に見合わない無茶な注文ばかりしてくる。

本来、あなたと経営者、あなたとクライアントは、給料や代金と引き換えに、あなたがそれにふさわしい時間や労働力、能力、あるいは商品やサービスなどを提供するという、フェアなトレード関係にあるべきです。

また、あなたと上司、あなたと同僚も、互いの利益、互いの幸福のために、フェアに時間や労働力、能力、アイデアなどをトレードし合う関係にあるべきです。それこそが健全で公平な人間関係だと、私は思います。

ですが、社員や仕事を受注する側は、しばしば経営者やクライアントから、不公平なトレードを要求され、我慢を強いられます。

あなたを苦しめている“不公平さ”に気づいてほしい

世の職場には、「自分だけが得をしたい」「自分の存在感を示したい」「少しでもラクをしたい」「自分の身の安全さえはかれればいい」「自分より目立つ人間は許せない」といった思いを抱え、あなたの真面目さや善良さ、罪悪感、立場の弱さなどにつけ込み、利用しようとする人間が少なからずいます。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)