• 日経平均28162.83-120.20
  • ドル円138.65138.68

バーチャルフィッティングの技術でアパレル産業の課題を解く アパテックジャパンの挑戦

2022年3月30日、三菱地所が運営するEGGJAPANのビジネスコミュニティ「東京21cクラブ」と、イベント・コミュニティ管理サービス「Peatix」が共同開催する「FoundersNightMarunouchi」を実施しました。

このイベントは、スタートアップの第一線で活躍する経営者から学びを得るもの。今回ご登壇いただいたのは、アパテックジャパン株式会社代表取締役社長の孫峰さんです。

同社は、「アパレル」と「テクノロジー」を掛け合わせた複数の事業を展開しています。中でも主力のバーチャル・フィッティング・プラットフォーム「ApatechOnlineFitting」は、オンライン上でアパレル商品の試着ができるサービスです。具体的には、気になる商品と自分の体型に近いモデルの画像を選択すると、それぞれのデータがAIによって自動で合成され、試着時のイメージを確認できるというもの。店舗に訪れることなく、実際の試着でかかるような手間を省いた上で、オンラインで購入まで完結できる点が特徴だといいます。

他にも、モデルの撮影データとアパレル商品の撮影データを合成し、モデル試着画像を生成するEC向け事業や、アパレル店舗の無人化支援なども展開している同社。今回のイベントでは、孫さんがアパレル業界における事業展開に着目した背景や、立ち上げ間もない自社サービスを導入してもらう上での苦労などを伺いました。モデレーターを務めたのは、PeatixJapan取締役藤田祐司さん、東京21cクラブ運営統括の旦部聡志です。

“バーチャル試着”で、廃棄ロス削減に貢献したい

孫さんがアパテックジャパンを創業したのは、2019年10月。「アパレル業界では、環境負荷にどう向き合うかが大きな課題の一つになっている」と知ったことが、業界に着目したきっかけだったと話します。

孫「アパレル産業によって排出されるCO2の量は、自動車産業と同程度と言われています。実際に、ファストファッションの商品を生産する中国の工場では、商品の売れ行きが想定よりも悪かったり、生産している間にブームが終わったりしてしまって、新品のまま商品を廃棄するケースが目立っています。環境負荷の要因である廃棄ロス問題をなんとか解決したいと思い、会社の創業に至りました」

同社は創業当初、リアル店舗向けバーチャル試着サービスの開発を進めていました。衣服が掛けられたスマートハンガーに触れると、身長や体型データと衣服のデータが合成され、店内のディスプレイに試着イメージが投影されるサービスだったそうです。

しかし、新型コロナウイルスの流行などが影響し計画は白紙に。次の機会を探る中で、孫さんが目を向けたのは「ECサイト」でした。アパレル商品を簡単に購入できる一方で、「返品の多さはECが抱える課題の一つであると気づいた」と言います。

孫「主な返品理由は『サイズ違い』と『イメージとの違い』です。リアル店舗で商品を購入する際は試着が可能ですが、当時のECではそうはいきませんでした。また、一度返品された商品は再販できるとは限らない。アイロンがけや検品業務などによってコストが高くつきやすく、場合によっては廃棄に至るケースもあります。

購入後にミスマッチに気づくケースを防げれば、廃棄につながる返品を減らせるのではないか。そう考え、ECで商品を購入する前に、オンライン上で試着イメージを確認できるサービスを作ろうと決めました」



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)