• 日経平均26402.84-508.36
  • ドル円127.44127.47

渡河作戦失敗のロシア軍、防御戦に移行か 長期化決断

ロシアによるウクライナ侵攻で、同国のベレシチュク副首相は13日、東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所に籠城するウクライナ部隊の救出について「結果は全ての人を満足させるものにならないかもしれない」とし、退避は困難との認識を示した。同国のゼレンスキー大統領もロシアとの交渉は困難だと認めた一方、「部隊が退避できるよう可能な限りのことをする」と表明した。

砲撃を受け黒煙が上がるウクライナ東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所。籠城するアゾフ大隊が5日、映像を公開した (ロイター)
砲撃を受け黒煙が上がるウクライナ東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所。籠城するアゾフ大隊が5日、映像を公開した (ロイター)

ベレシチュク氏は13日、SNS(交流サイト)上で「敵との交渉は非常に困難だ。戦争は冷徹な現実であり、奇跡は起きない」と述べた。同氏は12日、一部の重傷者の退避と引き換えにロシア兵捕虜を返還する交渉を露側と行っている-と明らかにしていたが、交渉の停滞を示唆した形だ。

製鉄所内にはウクライナ部隊「アゾフ大隊」などに所属する数百人から1000人の兵士らが籠城し、多数が負傷しているとされる。

一方、ロシアはアゾフ大隊を「ネオナチ」だとして敵視。交渉での退避は認めす、降伏しない限り攻撃を継続するとしている。プーチン露大統領は13日、電話会談したドイツのショルツ首相に「製鉄所から民間人は全て退避した」と述べ、攻撃を正当化した。

戦況に関し、英国防省は13日、露軍が東部ルガンスク州のドネツ川を渡る作戦に失敗し、少なくとも1個大隊戦術群に相当する戦力を失ったとの分析を公表。主目標とするドンバス地域で露軍は「前進を達成できていない」と指摘した。

ウクライナメディアによると、同国のアンドルシフ内務省顧問は、露軍が電撃的なキエフ制圧を狙った作戦の第1段階、東部で占領地を拡大する第2段階に失敗し、現在は防御線を構築して占領地を維持する「第3段階に入った」と指摘。「ロシアは作戦の長期化を決断した」と分析した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)