• 日経平均27819.33-180.63
  • ドル円133.16133.18

EU外相理事会「ロシア産石油の禁輸」難航

【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)は16日、ウクライナ支援をめぐって外相理事会を開いた。対ロシア追加制裁では露産石油の禁輸案に対し、ハンガリーが国内経済への打撃を理由に反対しており、理事会での合意を目指す。

欧州連合(EU)本部=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)
欧州連合(EU)本部=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)

リトアニアのランズベルギス外相は理事会を前に16日、「EU全体が、ひとつの国に捕らわれるべきではない」と述べ、ハンガリーの姿勢に不満を示した。ボレルEU外交安全保障上級代表は「石油タンカーを持っていない国もある。問題解消に努めるが、一部の国は立場を強硬に変えない」として、合意が難航していることを示唆した。

欧州委員会が今月4日に示した提案は、露産石油の輸入を年内に禁止する内容。ドイツのベーアボック外相は「EUが一緒に取り組むことが大事だ」と述べ、ハンガリー抜きでの禁輸実施は望ましくないとの立場を示した。

一方、ウクライナのEU加盟申請について、リトアニアやルーマニアは「加盟候補国の地位を与えるべきだ」と主張。EUがウクライナを交え「欧州政治共同体」という連携機関を創設するようフランスが提案したことに対抗した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)