• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.27

冷蔵サラダに濃縮ワイン 大手食品メーカーが業務用製品強化 時短・省力で需要

大手食品メーカーが外食産業向けの業務用製品に力を入れている。味の素は手作りに近い味や食感を実現した業務用の冷蔵サラダ「十勝ポテトサラダ」を開発、6月から売り出す。飲食店は人手不足に直面しており、調理時間が短縮できる製品へのニーズが高い。需要の拡大が見込めることから強化する。

「十勝ポテトサラダ」にスモークサーモンやアンチョビを加えてアレンジした一例(味の素提供)
「十勝ポテトサラダ」にスモークサーモンやアンチョビを加えてアレンジした一例(味の素提供)

新製品は、サラダなどに適した北海道十勝産のジャガイモ「キタアカリ」のみを使用。甘みや食感を引き出す独自の製法とレシピにより、手作りと遜色ない品質を実現した。容量は1キログラムで、価格はオープン。同社は飲食店向けの製品として「業務用ロングライフサラダ」を提供してきたが、これとは一線を画した手作り感があるという。伊藤羊一郎・ソリューション&イングリディエンツ事業部国内グループ長は、「ポテトサラダは材料から作ると約1時間かかるが、新製品の場合、アレンジ時間の約4分だけ」と強調する。

新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)防止等重点措置は3月に全面解除されたが、営業を本格的に再開した飲食店では人材が確保できず人手不足が深刻だ。帝国データバンクが2月にまとめた1月時点の企業の人手不足に関する調査によると、飲食店が業種別のトップ。76.6%の店舗でアルバイトなど非正社員が不足している。正社員も65.1%と高い。足元でもこの傾向は変わらないとみられる。

このため業務用製品へのニーズは高く、専門の中小メーカーだけでなく、大手メーカーにとっても重要な市場となっている。

キッコーマンは令和2年に調理用の「濃縮ワイン」シリーズを発売した。この製品は、通常だと1時間以上かかるワインの煮切りや煮つめる時間をほぼゼロにした。「3月下旬以降も大きく伸びている。『マンズ・超濃縮赤ワインタイプ 調理用』の1リットル紙パックは3年度下期の売上高が同年度上期の2倍以上に増えた」(コーポレートコミュニケーション部)という。

今後、省力化を実現する業務用製品の品ぞろえが充実しそうだ。(青山博美)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)