• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.16136.17

7分に1人が「心臓病」で死んでいる…専門医が「突然死リスク」を見抜くために患者に尋ねる“ある質問”

PRESIDENT Online

突然死を防ぎ、健康で長生きするにはどうすればいいのか。心臓血管外科医の渡邊剛さんは「日本AED財団によると、日本では心臓突然死で年間7万9000人が亡くなっている。心臓が発する不調のサインを見逃さないことが重要だ」という――。(聞き手・構成=医療・健康コミュニケーター高橋誠)

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/metamorworks
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/metamorworks

心臓突然死を防ぐにはどうすればいいのか

昨日まで普段通りに元気だった人が、突然命を落とすことがあります。「突然死」と呼ばれるもので、世界保健機関(WHO)の定義では「瞬間死あるいは発病後24時間以内の内因死」とされています。

総務省消防庁『令和3年版 救急救助の現況』によると、救急搬送された心肺機能停止傷病者数は年間約12万6000人、うち心原性心肺機能停止傷病者数は約7万9000人に上ります。また日本AED財団のホームページによると、心臓突然死の年間死者数は約7万9000人。1日に約200人、7分に1人が心臓突然死で亡くなっていると指摘されています。

原因の大半は虚血性心疾患です。臓器への血液供給が減少してしまい、酸素などが届かなかったり、詰まったりする状態を指します。代表例は心筋梗塞や狭心症などの心臓病です。

心臓突然死がとても恐ろしいのは、高齢者や心臓病の人に限らず、若い世代や心臓病ではない人でも突然起こることです。確かに心臓突然死は動脈硬化の進んだ高齢者に多いことが指摘されていますが、運動中に倒れて死亡する若い世代も少なくありません。

仕事中や運転中、自宅で過ごしている時や寝ている時であっても、意識を失ってそのまま亡くなるケースもあります。

本稿では、心臓突然死を防ぐためにはどうすればいいのかを考えます。心臓突然死は予測不可能ながらも、何らかの「予兆」に敏感になることが大切です。健康で長生きするためにも、ぜひ自身の身体が発しているかもしれないサインを見逃さないようにしてください。

心臓の不調を示す「5つの予兆」

心臓突然死の主な原因は虚血性心疾患と説明しました。これは高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満、食事、運動不足、ストレスが関係しています。自覚症状があれば、それを見逃さないことで心臓突然死のリスクを減らすことができます。

私は心臓血管外科の専門医として、これまで数多く患者さんを診てきました。私は問診で必ず尋ねることがあります。「心臓病かもしれない予兆」は以下の5つから判断することができます。

1.胸が痛い。

2.階段を上って息が切れる。

3.疲れやすい。

4.夜中にトイレによく行く。

5.ドキドキという不整脈の症状がある。

これら5つの状況を患者さんに伺い、心電図や造影CT検査の結果と合わせ、診断を確定していきます。私の病院には紹介状を持っていらっしゃる患者さんが多いので、すでに診断名(病名)はついていますから、心臓弁膜症(心臓内の弁に何らかの障害が起きる病気)の人には「おしっこに行く回数が増えたか?」など心不全に関係する質問をします。心不全(心臓の働きが低下する症状)が進んでいる場合はトイレに行く回数が増える傾向があるからです。

狭心症(心筋に供給される酸素が不足して胸部が痛む症状)の人には「どれくらいの頻度で痛みが起こるか?」というように焦点を定めた質問ができます。「胸が痛い」という症状は、狭心症か、大動脈弁狭窄(きょうさく)症のどちらかです。「痛みがない」なら心不全を疑います。

胸が「ズキズキ」「チクチク」「ドキドキ」すると患者さんが表現することがあります。このような場合の重症度はあまり高くありません。「チクチク」だと心臓病ではなく大抵は神経痛です。痛みや違和感が続いたり、締め付けられるような痛みを感じたりしたら要注意です。

心臓専門医は死に至る心臓病を外見や症状から未然にキャッチする名探偵です。「たぶん一過性だろう」「体質だから心配ない」「年だから」などと自分で判断せず、これら5つの予兆をキャッチしたらすぐに心臓専門医を受診してください。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)