• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.27

宇宙で衛星のアンテナ製造 三菱電機が新技術開発

三菱電機は、宇宙空間で3Dプリンターを使って人工衛星アンテナを製造できる技術を開発した。真空中でも太陽光の紫外線で硬化する特殊な樹脂を活用する。衛星を打ち上げる際にアンテナを搭載する必要がなく、軽量化による打ち上げコストの軽減につながるという。

3Dプリンターを使い、宇宙空間で人工衛星アンテナを製造するイメージ(三菱電機提供)
3Dプリンターを使い、宇宙空間で人工衛星アンテナを製造するイメージ(三菱電機提供)

人工衛星は通常、データ伝送に使う周波数帯を広くするため、大きく展開できるアンテナを搭載する。打ち上げの衝撃や振動にアンテナが耐えられる構造にする必要がある。三菱電機の新しい技術は、アンテナに比べてコンパクトな3Dプリンターを人工衛星に搭載。宇宙空間に着いてから、特殊な樹脂でアンテナに使われる反射鏡を製造する仕組みだ。小型の人工衛星の製造に取り組む企業や大学が増えており、今後の実用化に向けて実験を進めていく。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)