• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.25136.26

NY株、90年ぶり8週続落 大恐慌以来、景気悪化懸念 下げ幅3600ドル

20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比8・77ドル高の3万1261・90ドルで取引を終えた。だが、週間では前週末比934・76ドル安で8週連続の下落となった。ダウ・ジョーンズ通信によると、大恐慌時の1932年以来、90年ぶりの連続下落。3月下旬以降の8週間の下げ幅は合計で約3600ドルに達した。

高インフレや物価上昇を抑えるための米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めが景気悪化を招くことへの警戒が広がり、投資家がリスク回避姿勢を強めている。

最高値の更新は1月以降なく、下落傾向が強まっている。FRBは次回以降の連邦公開市場委員会(FOMC)でも大幅な利上げを続ける構えで、景気の過度な冷え込みを招く可能性がある。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)