• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

「なぜ殺戮許す」米大統領、銃乱射事件で怒りあらわ

バイデン米大統領は24日、南部テキサス州の小学校で起きた銃乱射事件を受けて、ホワイトハウスで演説し「他の国では乱射事件はほとんど起きない。なぜこのような殺戮(さつりく)を許しているのか」と、進まない銃規制に怒りをあらわにした。

24日、米南部テキサス州ユバルディでの銃乱射事件の後、児童が避難した先で抱き合う市民ら(ロイター=共同)
24日、米南部テキサス州ユバルディでの銃乱射事件の後、児童が避難した先で抱き合う市民ら(ロイター=共同)

バイデン氏は、日韓歴訪から戻る大統領専用機内で事件を知ったと説明し「多くの米国民は常識的な範囲内の銃規制法案を支持している」と強調。銃所持の権利を保障した憲法規定を盾に法案に反対する銃器メーカーなどのロビー団体に対抗し「いつになったらわれわれは立ち上がるのか」と訴えた。

演説には長年教師を務めてきたジル夫人も同席。バイデン氏は自身も長男を病気で亡くしているのを踏まえ、涙で目を潤ませながら「子供を失うのは魂の一部を引き裂かれるようなものだ」と、犠牲者の遺族らに寄り添う姿勢を見せた。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)