• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

ロシア軍、ルガンスク州で猛攻 マリウポリでは200人の遺体

ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は24日、ロシア軍が同州の要衝セベロドネツクの包囲に向けて猛攻を仕掛けていると通信アプリ「テレグラム」で明らかにした。ルガンスク州は約9割が露軍の支配下にあるが、セベロドネツクは現在もウクライナ政府の統治下にあり、英国防省は露軍がセベロドネツクを占領すれば「ルガンスク州全体を掌握することになる」との見方を示した。

ウクライナ・ルガンスク州の破壊された建物=23日(タス=共同)
ウクライナ・ルガンスク州の破壊された建物=23日(タス=共同)

ロイター通信によれば、露軍はセベロドネツクと、隣接するリシチャンシクに対し、3方向から包囲を試みているという。英国防省によれば、ウクライナ側は塹壕を備えた防御陣地を構築して抵抗しているが、露軍は砲兵部隊を集めて攻撃を展開することで「局地的な成功」を収めていると指摘した。

露軍が制圧を宣言した東部ドネツク州マリウポリのアンドリュシェンコ市長顧問は、破壊された高層ビルのがれきの撤去作業中に、ビルの地下室部分から新たに約200人の遺体が発見されたと明らかにした。ウクライナメディアが24日、報じた。遺体の収容作業は進められていないという。

ウクライナ東部ハリコフ州の州都ハリコフでは24日、ウクライナ軍の攻勢で同州内に侵攻した露軍が大幅に後退したことを受け、市内の地下鉄の運行が再開された。

露国防省は24日、ドネツク州内のウクライナ軍の司令部や弾薬庫などを精密誘導ミサイルで攻撃したと発表した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)