• 日経平均26939.5468.27
  • ドル円135.33135.34

北朝鮮ミサイル、3発のうち1発はICBMか

【ソウル=時吉達也】韓国軍合同参謀本部は25日、北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイル3発を発射し、うち1発は大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定されると発表した。バイデン米大統領が就任後初めてのアジア外遊となる日韓歴訪を24日に終えた直後の発射となった。

北朝鮮のミサイル発射を受け、取材に応じる岸田首相=25日午前、首相官邸
北朝鮮のミサイル発射を受け、取材に応じる岸田首相=25日午前、首相官邸

韓国軍によると、北朝鮮は25日午前6時、6時37分、6時42分に首都平壌郊外の順安(スナン)付近から弾道ミサイルを1発ずつ発射した。ICBMと推定される最初のミサイルは高度約540キロ、飛行距離約360キロだった。

2発目は高度約20キロまで上昇した後にレーダー網から消えた。3発目は高度約60キロ、飛行距離約760キロの短距離弾道ミサイルと推定される。

日本政府も弾道ミサイル2発の発射を探知したと発表。岸信夫防衛相によると、ともに日本の排他的経済水域(EEZ)外へ落下したとみられる。

岸田文雄首相は官邸で記者団に対し、「情報収集、船舶などの安全確認を指示した。詳細は確認中だ」と述べた。韓国大統領府は、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の主宰で国家安全保障会議(NSC)を開催した。

日米韓は、バイデン氏の日韓歴訪の前後に北朝鮮がICBMを発射する兆候があるとみて警戒を強めていた。

北朝鮮のミサイル発射は、短距離弾道ミサイル3発を発射した今月12日以来で、巡航ミサイルを含めて今年16回目。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)