• 日経平均27894.48-133.36
  • ドル円138.63138.64

イノベーションを加速するエコシステム形成からサークル活動、実証実験まで TMIPが年次報告会を開催

2022年4月14日、TMIPは2021年度年次報告会を開催しました。4期目を迎えるTMIPの活動実績の報告から2022年度活動計画の共有、プロジェクト会員の活動紹介、アドバイザー7名による座談会まで。TMIPを形作る方々が一同に会し、ネットワーキングや交流を行う機会ともなりました。

2022年度は「カーボンニュートラル」と「XR・メタバース」に注力

報告会は、TMIP代表を務める佐野洋志による2021年度振り返りからスタート。「三つの連携」を軸に、昨年度の活動内容を振り返りました。

佐野「一つ目はアカデミア連携です。東京大学をはじめ、さまざまな大学とリレーションシップを結び、イベントをはじめとした複数の企画を実施しました。二つ目は団体連携。JDLA(日本ディープラーニング協会)ともご縁があり、『CDLEハッカソン2021』をテーマスポンサーという形で支援する機会にも恵まれました。三つ目が地方連携。特に成田空港に関する取り組みなどを通じて、千葉県と結びつきを深めた一年だったと感じます」

中でもアカデミア関連のイベントは、TMIP会員からの関心も特に高かったと佐野は続けます。加えて、会員同士が交流を深めたり、連携してプロジェクトを立ち上げたりする機会を複数つくれたことについて、「今後コミュニティがより活性化することにつながるはず」と手応えを口にしました。

佐野「隔週ペースで開催した『ランチコミュニティイベント」では、年間で約50社の会員企業が登壇するなどし、会員同士の横のつながりをより深められたと感じています。また、2021年度にスタートした『イノベーションサークル』では、林業やカーボンニュートラル、量子技術などのテーマですでに計7つが活動中です。街をつかったニーズ検証・実証実験の支援をする『アーバンラボ』においても、プラスチック資源循環事業や空飛ぶクルマのVRコンテンツなど、計8件のサポートができました」

振り返りを踏まえ、2022年度のTMIPは何に注力していくのか。佐野は「イノベーションテーマにおける事務局企画、イノベーションサークルの発展、コミュニティの進化、スタートアップとの連携」の4つをポイントに挙げ、見据える先を述べました。

佐野「事務局企画については、カーボンニュートラルとXR・メタバースの二つのテーマに注力します。前者は『サステナブル・ブランド・ジャパン』と連携したイベントを2022年6月に開催予定であり、後者は『丸の内CityDXパートナーズ』の後続企画となるサークルの立ち上げ準備を進行中です」

事務局メンバーの発表を終え、TMIPとの連携を進める企業や団体の紹介へと移りました。それぞれの概要から活動の詳細、TMIPのプラットフォームを通して実現したいことまでを、訪れた4人の代表者が紹介する時間となりました。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)