• 日経平均27999.96-249.28
  • ドル円135.08135.11

サル痘、23カ国257人に 感染拡大でWHO警戒

世界保健機関(WHO)は29日、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、従来継続的に発生してきたアフリカ諸国以外の欧米を中心とした23カ国で今月、257人の感染が確認されたと発表した。死者は出ていないものの、感染拡大の原因が判然としないため、既に感染が広範囲に及んでいる可能性もあるとして警戒継続を訴えている。

サル痘ウイルス(米疾病対策センター提供・共同)
サル痘ウイルス(米疾病対策センター提供・共同)

感染者は英国が群を抜いて多く106人。次いでポルトガルの49人、カナダの26人、スペインの20人と欧米諸国に集中している。感染が疑われるものも約120件に上っている。

感染者の大半は流行地域への渡航歴がなく、男性の同性愛者が多い。体液や飛沫のほか、感染者が使用した寝具を介して感染するため、患者の隔離と感染経路調査の徹底をWHOは求めている。

サル痘はアフリカ中西部の国で確認されてきた風土病。今年に入って最も症例が多いコンゴ(旧ザイール)では5月8日までに1284人が感染し58人が死亡した。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)