• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

5月の百貨店は大幅増収 客足が回復

大手百貨店4社が1日発表した5月の既存店売上高(速報)は、全社が前年同月と比べ大幅な増収だった。伸び率は33・6~86・2%。3月末で新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)防止等重点措置が解除となり、客足の回復が顕著だった。

昨年5月は東京や大阪など都市部を中心に緊急事態宣言が発令されており、営業の大幅な抑制を迫られていた。今年は外出機会が大幅に増え、衣料品や食料品などが順調に伸びているほか、宝飾品や高級ブランド品も引き続き富裕層向けの需要が好調を維持した。

売上高の伸び率は、J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店が86・2%、三越伊勢丹ホールディングス(HD)が64・3%、高島屋が63・3%、そごう・西武が33・6%だった。

コロナ禍前の令和元年5月比では4・4~13・1%減だった。訪日客が戻っていないことが影響した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)