• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.88136.91

船底の損傷、沈没との関連慎重捜査 知床観光船事故

北海道・知床半島沖で沈没し、専門業者により海底から引き揚げられた観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の船底の後方で見られた穴や亀裂のような損傷をめぐり、専門家から沈没との関係について慎重な見解が出ている。座礁事故でみられるこすれた跡などが確認されていないためだ。カズ・ワンは曳航(えいこう)中、海底に再び落下しており、その際に生じた損傷の可能性もある。第1管区海上保安本部(小樽)が事故との関係を慎重に調べている。

陸揚げ後、保管場所に移された観光船「KAZU Ⅰ」 =1日午後0時26分、北海道網走市
陸揚げ後、保管場所に移された観光船「KAZU Ⅰ」 =1日午後0時26分、北海道網走市

損傷状況は沈没原因の特定につながる有力な物証だが、元海上保安監で海上災害防止センター理事長の伊藤裕康氏は「穴は下から突き上げたような形状。落下した際にできた損傷の可能性がある」と指摘する。

浅瀬や暗礁に乗り上げる座礁事故では船底にこすれた跡が残るが、カズ・ワンでは確認されておらず、伊藤氏は「船底の損傷は沈没原因につながるものではない可能性が高い」との見方を示す。

カズ・ワンは5月23日に事故現場の海底からつり上げられ、翌24日、曳航中に水深182メートルの海底に再び落下。事故当時の状態を完全に保ったまま引き揚げることができなかった。

事故当日の4月23日午後1時すぎ、カズ・ワンと無線交信した同業他社の従業員が「浸水してエンジンが止まっている。前の方が沈んでいる」とのSOSを聞いていた。沈没のメカニズムを明らかにするためには、船長が操作するスロットルレバーの位置やエンジンの状況、船内から回収されたタブレット端末などの解析も進める必要がある。

元第3管区海上保安本部長で日本水難救済会常務理事を務める遠山純司(あつし)氏は「船底の穴がいつどのようにして開いたのか、どのように浸水したのか。それを特定することが沈没原因を解明する最も大きなポイントだ」と強調。海保関係者は「予断を持たず、あらゆる可能性を視野に慎重に捜査を進める」と語った。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)