• 日経平均27115.59-195.71
  • ドル円144.97145.00

NY株続落、176ドル安 米利上げ加速を懸念

1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比176・89ドル安の3万2813・23ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が高インフレを抑制するために利上げを加速するとの懸念が強まり、リスク回避の売りが優勢となった。

サンフランシスコ連邦準備銀行のデイリー総裁が政策金利を巡り、自身が中立金利と予想する2・5%まで迅速に到達させるべきだとの考えを示したことが、投資家心理を冷え込ませた。米サプライ管理協会(ISM)が発表した5月の製造業総合景況指数が市場予想を上回ったこともインフレ懸念を誘った。ITのセールスフォース・ドットコムの好決算を手がかりに、上げ幅が280ドルを超える場面もあった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続落し、86・93ポイント安の1万1994・46。

個別銘柄では、小売りのウォルマートや化学・事務用品の3M(スリーエム)の下げが目立った。セールスフォースは急上昇した。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)