• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.56136.61

産油国、増産ペース拡大 ロシア制裁の生産減対応

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日の閣僚級会合で、7月と8月の増産ペースを拡大することで合意した。増産幅を6月の日量43万2千バレルから日量64万8千バレルに引き上げる。米欧などの経済制裁でロシアの生産量が落ち込んでおり、サウジアラビアなど余力のある国が一部穴埋めするもようだ。

オーストリアのウィーンにあるOPEC本部の建物(AP)
オーストリアのウィーンにあるOPEC本部の建物(AP)

ロイター通信によると、ロシアの生産量の減少分は日量100万バレル規模に相当する。ほかにナイジェリアなど複数の国も生産目標に達していない。今回の増産が、原油価格の高騰を抑制する効果は限定的とみられる。

日米欧の消費国はエネルギー価格高騰による高インフレに悩み、昨年から一貫して増産を求めてきたが、OPECプラスはロシアとの結束を優先させて応じなかった。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)