• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

北朝鮮の核実験に備え、日米韓が結束確認 ソウルで次官協議

【ソウル=桜井紀雄】日米韓3カ国は8日、ソウルで韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権発足後初の外務次官協議を開いた。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返し、7回目の核実験の準備を終えたとみられる中、対応策を協議した。日米韓の連携を確認し、北朝鮮が核実験を強行した場合、断固とした措置を取る方針を打ち出すとみられる。

8日、日米韓の外務次官協議で記念撮影に応じる(左から)森健良外務事務次官、韓国の趙賢東外務第1次官、シャーマン米国務副長官=ソウル(聯合=共同)
8日、日米韓の外務次官協議で記念撮影に応じる(左から)森健良外務事務次官、韓国の趙賢東外務第1次官、シャーマン米国務副長官=ソウル(聯合=共同)

協議には、森健良外務事務次官とシャーマン米国務副長官、韓国の趙賢東(チョ・ヒョンドン)外務第1次官が出席した。これに先立ち3日には、日米韓の北朝鮮担当高官による会合がソウルで開かれ、北朝鮮の完全な非核化に向けて抑止力強化に取り組む考えで一致した。

北朝鮮は今年に入って大陸間弾道ミサイル(ICBM)を含むミサイル発射を繰り返し、5日には短距離弾道ミサイル8発を4地点から連続発射した。北東部、豊渓里(プンゲリ)の核実験場では、核実験の準備が完了したとの見方が米韓で出ている。

日米韓の外務次官協議を巡っては、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前政権時代の昨年11月に米ワシントンで開かれた際、韓国の警察庁長官による竹島上陸に日本側が反発して共同記者会見が中止になった。日米韓協力を重視する尹政権発足後、北朝鮮の相次ぐ軍事的挑発もあり、日米韓は急速に連携を深めている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)