• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.25136.28

親露派「ドネツク州要衝へ進撃」 ウクライナは否定「虚偽だ」

ロシアによるウクライナ侵攻で、親露派武装勢力「ドネツク人民共和国」は9日、露軍の支援を受けた親露派部隊がドネツク州の中心都市スラビャンスクの制圧に向けて戦闘を開始したと発表した。タス通信が伝えた。同州のキリエンコ知事は、ウクライナ軍が防衛線を保持しており、露軍は同市に向かって前進できていないと反論し、「発表は虚偽だ」とした。ウクライナメディアが伝えた。

ウクライナ・ドネツク州で、砲撃を受け立ち上る煙=8日(ロイター)
ウクライナ・ドネツク州で、砲撃を受け立ち上る煙=8日(ロイター)

露軍は東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)全域の掌握を主目標に設定。ルガンスク州内のウクライナ側の最終拠点の一つ、セベロドネツクで激しい戦闘が起きている。露軍はドネツ川を挟んだ対岸の都市リシチャンスクにも激しい砲撃を続けている。

露軍はルガンスク州の掌握後、ドネツク州に戦力を集中させるとみられている。ただ、ウクライナ軍も同州の中心都市クラマトルスクとスラビャンスクを中心に強固な防衛線を敷いており、今後、戦闘の激化が確実視されている。

同国のゼレンスキー大統領は9日のビデオ声明で、セベロドネツクとリシチャンスクは陥落しておらず、「最前線に目立った戦況の変化はない」と述べた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)