• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.85

東大卒NHKアナウンサーが53歳で転職してぶち当たった辛い現実…こんなに仕事ができないとは思わなかった

PRESIDENT Online

そう言われて自分なりに必死に資料を作っても、スキル不足で最低限の体裁さえ整わないため、繰り返しやり直しを指示されます。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Di_Studio
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Di_Studio

何度やっても目覚ましい改善が見られず、しまいには「これじゃダメだ」と烙印を押され、パソコンを器用に操る人に代わりに資料を作ってもらわなければならなくなります。屈辱です。自分は全然役に立っていないということを日々、痛いぐらいに思い知らされました。


死ぬまでに一つでいいから「きれいなグラフ」を書いてみたい

だから、そんな僕が、まさかエクセルでグラフを書き、それをパワーポイントにコピーして、あろうことか一人でプレゼン資料をまとめてしまう日が来ようとは、お釈迦様でも知らなかったでしょうし、誰よりも自分自身がビックリ仰天です。

エクセルの文字入力に慣れてきた頃でも、さすがにグラフを書くレベルに上達するのは絶対無理だと思っていました。いったいどうやれば、あんなきれいに色分けされた円グラフや、棒グラフと折れ線グラフが同居するデザインが仕上がるのか、まったく見当がつきません。あれは最上級クラスの技が必要に違いないと信じ込んでいましたので、軽々とグラフ入りの資料を提出する人たちを、僕はいつも尊敬のまなざしで見ていました。

「あんなきれいなグラフを、死ぬまでに一つでいいから書いてみたい」

これは少し大げさですが、それぐらいエクセルのグラフは僕にとって高嶺の花だったのです。


「セルの書式設定」がわからない

スキルを身に着けるには、グーグルやヤフー質問箱に大変お世話になりましたが、慣れないうちは時間がかかってしょうがなかったです。

「エクセルで枠からはみ出ないようにするにはどうしたらいいですか」と質問すると、「セルの書式設定で『折り返して全体を表示する』を選択してください」と答えをもらえます。でも、セルは辛うじてわかるものの、「書式設定」がわかりません。

そこでまた「セルの書式設定とはどうやるんだ」と聞くと「書式設定ダイアログボックスを表示してください」との答え。今度は「その、ダイアログボックスっていうのはなんなんだ!」「日本語で言えんのか!!」と画面に向かってキレます。そうこうするうちに終電の時刻が近づいてきて、慌てて駅に走るということがしょっちゅうでした。今となっては笑い話ですが、当時は本当に、そんなことの繰り返しでした。

そんな有様ですから、本来なら僕が整えるべき資料でも、最後は誰かに頼らなければなりません。思いだけが先走っても肝心のスキルがなければ、いつまでも役に立つことができず、誰かの足を引っ張ることになる。「お願いします」を繰り返しながら、資料を作ってもらう日々が続きました。


勝手にグラフができあがる「魔法のキー」を見つけられた

それでも毎日毎日エクセルと格闘していると、少しずつでもいろいろなことを覚えることができるようになりました。そして、あの魔法のキーの存在を発見することになります。

「F11」です。

このキーを押すだけで、たちどころに素敵なグラフが勝手にできてしまうなんて……誰か、早く言ってよ! と感動しました。なんというありがたいキーでしょう。まるで自分が魔法使いになったような錯覚に陥りました。

あれこれクリックするうちに、グラフの色を変えてみたり、棒グラフから円グラフに変換してみたりと、次第にいろいろなパターンも使えるようになって、お陰様でスキルは格段に上達しました。

特別高度なことはできませんが、必要最低限のことなら一人でもできるようになって、我ながらあっぱれです。一度は別れたエクセルですが、今はおかげさまで良い関係が続いています。


「年間事業計画」をまともに読んだこともなかった

それが縁で、パワーポイントという最高のパートナーとも出会えました。NHK時代は一切縁がなかったパワポさんですが、仲良くなってみれば、プレゼン資料を準備するのにこれ以上の相棒はありません。無料で使えるフリーイラストのサイトから画像をコピーして貼り付けたり、次のスライドへの切り替えの演出を変化させたりできるようになると、どんどん世界が広がっていきます。なかなか懐の深いヤツです。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)