• 日経平均27116.11-195.19
  • ドル円145.00145.03

出生数コロナ前下回る恐れ 令和4年少子化白書、内閣府

政府は14日、令和4年版の「少子化社会対策白書」を閣議決定した。新型コロナウイルスの感染拡大で出生数の減少傾向が続いており、今後もコロナ前の水準を下回る恐れを指摘。オンラインを活用した結婚や子育て支援策が重要だと記した。

首相官邸の外観=東京都千代田区(鴨志田拓海撮影)
首相官邸の外観=東京都千代田区(鴨志田拓海撮影)

厚生労働省によると、3年の出生数は81万1604人(概数)と6年連続で過去最少を更新した。国が平成29年に公表した推計を上回るスピードで少子化が進む。影響は婚姻件数にも出ており、減少傾向が続く。

白書は、コロナ前の令和元年12月に比べると、20~30代の若者は他の世代よりも収入や仕事、結婚、家族に関する不安が増していたと分析。若者の不安に寄り添いながら、安心して結婚や子育てができる環境を整備することが大切だと指摘した。具体的には、非正規労働者の就労支援やオンラインによる結婚、子育て相談の推進を盛り込んだ。



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)