• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

レジ係だった女性が34歳で首相に…人口550万人の小国フィンランドを象徴する「人こそ資源」という考え方

PRESIDENT Online

北欧フィンランドのサンナ・マリン首相は36歳の女性だ。マリン首相は自身のキャリアについて「レジ係でも首相になれるフィンランドを誇りに思う」と公言している。ライターの堀内都喜子さんは「彼女はまさに『フィンランド・ドリーム』を体現している」という――。

イタリアのマリオ・ドラギ首相とフィンランドのサンナ・マリン首相は、イタリアのローマにあるキージ宮殿での会談の後、共同記者会見を行った=2022年5月18日 - 写真=AA/時事通信フォト
イタリアのマリオ・ドラギ首相とフィンランドのサンナ・マリン首相は、イタリアのローマにあるキージ宮殿での会談の後、共同記者会見を行った=2022年5月18日 - 写真=AA/時事通信フォト

※本稿は、堀内都喜子『フィンランド 幸せのメソッド』(集英社新書)の一部を再編集したものです。

幼い頃に両親が離婚、同性カップルに育てられた

2019年12月、「フィンランドで34歳の女性首相誕生」というニュースが世界を駆け巡った。新しい首相の名はサンナ・マリン。当時、世界最年少の首相で、女性。彼女の人となりを報じるべく、数百件ものインタビューリクエストが殺到した。

彼女の政治家としての経歴を語る前に、まずはその生い立ちを簡単に紹介したい。1985年に首都ヘルシンキで生まれ、幼い頃に父親のアルコール問題で両親が離婚。その後父親との交流はほとんどなく、母は同性のパートナーと一緒になり、地方都市タンペレ近郊の公営賃貸住宅に3人で移った。

マリンはいわゆる「レインボーファミリー」(子どもがいる同性カップル)の出身だ。母親は幼い頃、養護施設で育った経験を持っており、高等教育を受けたことはなく、様々な仕事を転々としていた。失業していた時期もあり、決して経済的に豊かな家庭ではなかったという。親戚も様々な問題を抱えている人が多かった。マリンは家族の中で初めての高校卒業資格保有者になった。

裕福な政治家一族出身という日本のイメージとは真逆

ここまでの情報で既に驚いている人も多いと思う。日本で首相というと、親も政治家だったり、経済的に豊かな家庭で育ったり、というイメージで語られがちだが、それとは真逆といっていい。フィンランドでは教育は大学院まで無料で、児童手当や単親家庭への支援、低所得者向けの様々な手当があるため、経済的な事情で進学の道が閉ざされることはない。子育てについても支援は手厚い。

小中学生の頃には政治家は遠い存在で、マリンは自分が政治に関わりたいとも思っていなかったという。決して勉強が好きなわけでもなかったようだが、高校生になると勉学に励むようになった。だが、高校卒業後すぐ大学に進んだわけではない。自分のやりたいことが具体的には見えていなかったので、店のレジ係として働いたり、時には失業手当を受けて生活したりしていた。

そんな中、「失業中の若者には、わずかでも給料のもらえる仕事が一時的に必要で、それがあれば社会を信じることができる」と考えるようになり、行政学を学ぶことを決意して、地元のタンペレ大学に進学する。

ちなみに、フィンランドで大学に入るには、高校卒業試験の結果に加え、各志望大学の試験がカギとなる。学部によっては非常に競争が激しいが、試験のために塾に通うことはない。大学試験は高校時に学んだことではなく、これから学ぶ専門分野の基礎を問うものが多く、課題図書などもある。通常は自習で乗り切り、浪人して大学のオープンカレッジなどで関連科目を学ぶことはあっても、高額なお金を払って塾に通う文化はない。

大学院までは、先述の通り授業料は無料だし、学生には国から支給される生活費や家賃の手当、さらには国の学生ローンもあるので、どんな家庭であっても進学することができる。しかし彼女はローンには頼りたくないと、大学生活の合間にアルバイトをして生活した。それは、ローンが返せなかったらどうしようという不安が強かったためで、経済的に余裕のある家庭の出身だったらローンに対する恐怖心は違っていただろうと後に語っている。

若者の失業や気候変動問題に関心を持ち政治の道へ

大学に入学した頃に、サンナ・マリンは政治への不満を抱き始める。アルバイトをしながら気づいた若者の失業問題の他にも、気候変動などの急を要する課題に政治家が十分に向き合っていないと感じたためだ。そこで、「自分自身が政治に関わり、世の中を良くしたい」と考えるようになり、社会民主党の青少年部に所属することにした。

社会民主党を選んだ理由は、自身の経験などから「生まれや背景に関係なく、誰もが社会で成功できること」が重要だと考えていたからで、そうした信条や価値観に最も近い左派政党だったためだ。

フィンランドでは市民教育が盛んで、社会は一人ひとりがつくるものだと多くの人が主体的に考えている。各政党には青少年部があり、若者が10代の頃から政党に関わるのは珍しくない。マリンも20歳頃から社会民主党青少年部の中で積極的に活動に参加し、大学や地域の学生議会、学生アパートの自治会などであらゆる役職に携わって、徐々に存在感を示していった。

ちなみに大学での勉強は政治活動をしながら行っていたため、卒業するまでに10年以上かかり、国会議員になった後の2017年に修士号を取得している。フィンランドでは自分が何を勉強したいか、将来は何をしたいのかをゆっくり考えながら進学する人も多いので、入学する年齢もバラバラなら、卒業までにかかる年数もそれぞれだ。

大学生と社会人のはっきりした境目はなく、学生の間に仕事を始めてしまう人もいるし、ある程度仕事をしてから学生に戻る人も多い。

23歳で市議選に初出馬し、4年後に初当選

青少年部に所属したマリンは、2008年に23歳で地元タンペレの市議会議員に出馬するも、落選。しかしその後、メキメキと頭角を現していく。2010年には25歳で党青少年部の副代表となり、2012年にタンペレ市の市議会議員選挙に再挑戦して当選。その翌年には、すぐに市議会議長に就任した。

議長は通常第二党から出すのが慣例で、この時、市議会で第二党だった社会民主党の議員たちは、全会一致で彼女を議長に推した。マリンは路面電車の新設など難しい議題でさっそく手腕を発揮し、どんな難局でも話し合いを前進させてまとめ上げる、非常に頑固で厳しい議長として知名度も評判も上げていった。

この時期に、話し合いが何時間もの膠着(こうちゃく)状態に陥っても粘り強く対応し、多数決を取る際に「まだ話し合いが足りない」と叫んで粘ろうとする議員に向かって、断固とした態度で応じる姿が注目を集め、メディアやSNSでも拡散されていた。実は当時、私もタンペレ在住の友人から「市議会の議長がすごいから、見てみて!」と動画を見せられたことがある。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)