• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.84144.85

「我々は2025年までにナイキを抜く」日の丸アシックス社長が9000人社員を鼓舞し、結果をバンバン出せたワケ

PRESIDENT Online

日本のスポーツブランドの雄・アシックスの業績が上昇している。ヒット商品のひとつが「日の丸版の厚底シューズ」だ。6月にはその最新作を発表した。同カテゴリーで先行するナイキにここ数年は後塵を拝しているが、「とにかく勝てるシューズを作ってくれ」と社長自らが陣頭指揮したプロジェクトが昨年軌道に乗り始め、「2025年には我々は1位になる」と語る自信はどこからくるのか。スポーツライターの酒井政人さんが取材した――。

廣田康人代表取締役社長CEO兼COO(写真提供=アシックス)
廣田康人代表取締役社長CEO兼COO(写真提供=アシックス)

アシックス社長「2025年にはミッションを実現したい」

「頂上から攻めよ」

これは、わが国のスポーツブランドの雄アシックスの創業者・鬼塚喜八郎(1918-2007年)の口癖だ。今、その“頂上”に風雲急を告げる動きがある。ロードレ―スの景色を一変させたアメリカ西海岸に本社を持つナイキに対して同社は8904人(連結)の社員全員で本気で挑んでいる。

6月14日から順次発売するランニングシューズ「METASPEED+」シリーズ。先日、これのローンチイベントが都内で開催された。その冒頭で挨拶した廣田康人代表取締役社長CEO兼COOはいつも以上に肌ツヤが輝き、その言葉は自信と刺激に満ちていた。

「本格的にリアルイベントが戻ってまいりました。そのなかでアシックスのミッションはパフォーマンスランニング及びレーシングカテゴリーでナンバーワンブランドになることです。2020年は反転攻勢、2021年は持続的成長を可能とするビジネスの基盤づくりをテーマに掲げ、特に商品の開発に注力してまいりました。2022年以降はこれまで築いてきた基盤をもとにさらに躍進していきたいと考えております。そして2025年には我々のミッションを実現したい」

1980年に三菱商事に入社。代表取締役常務執行役員などを歴任した後、2018年3月にアシックス代表取締役社長(COO)に就任し、2022年3月からはCEOも兼ねている。さすがは43歳にして三菱商事の広報部長に抜擢されただけはある。シンプルで強く言い切ったメッセージは鮮烈だった。

アシックスは日本が世界に誇る名ランナーの脚を支えてきた特別なブランドだ。かつての箱根駅伝のシェアも当然、同社が常にナンバーワンだった。過去の詳細データはないが、2017年大会は出場210人中、アシックスが67人(31.9%)でトップだった。

しかし、その後は厚底シューズを投入したナイキが年々シェアを拡大していく。2021年大会は出場210人中201人がナイキで出走した一方で、アシックスはまさかの0人。箱根路から姿を消したことになる。それでも2022年大会で盛り返す。0人から一気に24人までシェアを取り戻したのだ。

社長自ら陣頭指揮「とにかく勝てるシューズを作れ」

反撃ののろしを上げたのは2021年3月。「METASPEED」シリーズを初めて世界へ向けて出荷した。ストライド型の「SKY」と、ピッチ型の「EDGE」の2種類があり、ともにストライド(歩幅)が伸びやすい仕様になっている。

アシックスが誇るスポーツ工学研究所は神戸市にある。陸上、野球、バスケ……あらゆるスポーツギアの最新作がここで生み出されている。METASPEEDもここで作られた。実験では従来品と比較してフルマラソン(42.195km)でSKYが約350歩、EDGEは約750歩少ない歩数でゴールできた。一歩を仮に1mとして、それだけストライドが伸びれば、飛躍的にタイムも速くなる。

2021年3月のびわ湖毎日マラソンで当時33歳だった川内優輝がMETASPEEDのプロトタイプを着用して、2時間7分27秒をマーク。川内が10歳近く若い25歳の時に出した自己ベスト(2時間8分14秒)を大幅に更新したニュースは、内外のアスリートや陸上関係者に衝撃を与えた。前述したように、この2カ月前に開かれた箱根駅伝ランキングでアシックスは屈辱の0人で、暗くなりがちだった社内の雰囲気も一気に盛り上がった。

では、川内が履いたシューズはどのようにして完成したのか。それは2019年11月、廣田社長の下で発足した「C-Project」だ。CはCHOJOの頭文字で社長直轄の組織だ。研究開発以下、選手サポート、生産、マーケティングなどの社内の精鋭を集めたグループが“離れ業”を成し遂げたわけだ。

C-Projectのリーダーを務める竹村周平氏はこう振り返る。

「C-Projectが動き出したときには競合がすごく強くなり、アスリートがどんどん離れている現状がありました。社長の『もう一度レーシングを取り返すぞ』というところからプロジェクトが発足したんです。リーダーを任され、大変な責務というか、プレッシャーのかかる場所に来たなというのはありましたね。社長からは『とにかく勝てるシューズを作ってくれ』ということだったので、目指す大会から逆算するかたちで取り組みました」

C-Projectの発足は東京五輪の延期が発表される前。当初は2021年夏のオレゴン世界陸上に向けて動き出していた。そのため2021年春に新モデルが出せるように開発が進められたという。新モデルを開発するには通常、数年の時間を要するが、わずか1年ちょっとの超短期間で仕上げることに成功した。

「社長直轄というのがすごく大きいと思います。本来ならそれぞれのセクションで決裁が必要になってくるんですけど、社長がOKすればすぐに動き出せる。ものすごくスピードが速くなりました。それに社長は『お金は気にしなくていい』と。通常はサンプルのタイプ数が限られるんですけど、ソールの厚さ、プレートの形などを微妙に変えて複数用意。サイズも契約アスリートの数だけ作って、フィードバックをすぐにもらえるようにしたんです。短期間で結果を出す動きができたかなと思います」(竹村氏)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)