• 日経平均28546.98727.65
  • ドル円133.48133.58

今夏の電力需給、改善へ 東北、東京、中部3管内で

東京電力パワーグリッド(PG)など大手電力の送配電会社8社は20日、電力需給逼迫(ひっぱく)が懸念される今夏に向けて実施した公募で、約136万キロワットの供給力を追加で確保したと発表した。発電会社JERA(ジェラ)の老朽化で止まっている火力発電設備(計130万キロワット)が7、8月に稼働することで、東北、東京、中部の3電力管内の需給は改善する見通し。

電気を安定的に供給するには、余力を示す予備率が最低3%必要とされる。東電PGによれば、今回の追加供給により、3電力管内の7月の予備率がそれぞれ現状の3・1%から、1ポイント以上改善する見込みだという。

ただ発電設備の故障や地震など不測の事態が起これば、予備率が急に低下する可能性もある。東電PGの担当者は「引き続き効率的な電気の利用をお願いしたい」と呼びかけた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)