• 日経平均27819.33-180.63
  • ドル円135.01135.04

「中国の資金援助は助かる」と日本人研究者…破格の待遇で世界の人材を集める「千人計画」の恐ろしい目的

PRESIDENT Online

補助金、広い研究室にマンション、運転手付きの車まで…

補助金だけではない。広い研究室やマンションも与えられる。家賃はほとんど中国政府が払ってくれる、家政婦付きのマンションを与える、運転手付きの車が使えるとか、そんな話もある。退職した後の仕事を探していた大学教授や研究者が、こういった好条件につられて中国に渡航するケースが多い。

米司法省は、20年1月28日、「千人計画」への参加を巡って米政府に虚偽の説明をした米ハーバード大化学・化学生物学科長の教授を起訴した。ナノテクノロジーの世界的な権威だ。この教授は、12~17年頃に千人計画に参加し、月5万ドル(約550万円)の給料や15万8000ドル(約1740万円)の生活費を受け取った。この教授は国防総省などから研究費を受け取っていたため、外国から資金提供を受けた際に米政府へ報告する義務があったが、「千人計画」への参加を隠していたということだ。

中国が米国の最新技術や知的財産を狙い、この教授に接近したのだろう。

――中国政府は外国人の研究者らをどうやって招いているのか。

日本に留学していた中国人の元教え子や、日本で共同研究を行った中国人の研究者が誘うケースがあるようだ。元々の知り合いのつてを利用しているのだろう。

兵器開発とつながりが深い大学に所属する研究者も

――「千人計画」に応じて中国に渡った研究者らは、どういったところで研究をするのか。

中国軍の兵器開発とつながりが深い「国防7校」(国防七子)に所属していた研究者もいる。

国防7校は、軍と軍事産業へ理工科人材供給を目的に設置された以下の7つの大学だ。

・ハルビン工業大(宇宙工学や通信、電子、新素材、生産自動化)<br />

・北京航空航天大(航空・宇宙工学、電子、素材、コンピューター、AI)<br />

・北京理工大(素材、ソフトウェア、光エレクトロニクス)<br />

・西北工業大(航空、宇宙、海洋・船舶工学)<br />

・ハルビン工程大(船舶工業、海軍装備、深海工程と原子力)<br />

・南京航空航天大(航空・宇宙工学)<br />

・南京理工大(化学工業、AI、交通自動化、素材、通信、電子)

本国と全く同じ研究施設を再現する「シャドーラボ」

――「千人計画」によって、これまでどのような技術が中国に奪われたのか。

米軍の最新鋭ステルス戦闘機F-35のエンジンに関するデータを中国に流出させた事例も報告されている。日本のある研究機構で働いていた中国人が、「風洞(ふうどう)設備」の技術を中国に持ち帰ったことも確認されている。

風洞設備は、飛行機や宇宙へ向かうロケットなどが空気中を飛ぶ際の空気抵抗や、機体周辺の空気の流れを調べるためのものだ。大きな筒のような洞(ほら)の中に、航空機の模型を置き、人工的に空気を流す設備だ。

この研究者は1990年代半ば、この研究機関で研究し、2000年に中国に帰っている。今は北京の中国科学院力学研究所に所属している。ここに日本のものと酷似した風洞設備が完成していることが確認されている。この研究所は極超音速ミサイルを研究している。つまり、開発中のミサイルの空気抵抗を減らしたり、宇宙から弾道弾が大気圏に再突入する際の熱防護素材を作ったりする研究に利用されているということだ。

本国にあるのと全く同じ研究施設を再現する、こういった例を「シャドーラボ」(影の研究室)という。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)