• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.26135.36

アフガンで地震 950人以上死亡 東部の山岳地域、倒壊家屋相次ぐ

【シンガポール=森浩】アフガニスタン東部で22日未明、マグニチュード(M)5・9の地震があった。ロイター通信は、アフガン当局者の話として少なくとも950人が死亡、600人が負傷したと報じた。被害の詳細は分かっておらず、犠牲者はさらに増える恐れがある。

22日、地震があったアフガニスタン東部パクティカ州で負傷者らはヘリに運ばれて避難した(Bakhtar News Agency提供、ロイター)
22日、地震があったアフガニスタン東部パクティカ州で負傷者らはヘリに運ばれて避難した(Bakhtar News Agency提供、ロイター)

アフガンでは昨年8月にイスラム原理主義勢力タリバンが実権を握ったが、タリバンが樹立した暫定政権を承認した国はない。支援団体も多くが撤退しており、救助活動に影響する可能性がある。

震源はパキスタンとの国境に近い東部ホスト州の州都ホストの南西約50キロ。隣接するパクティカ州で多くの死傷者が確認されている。現地は土やれんがでできた簡素な家屋が多く、多くの住民が崩れ落ちた壁や屋根の下敷きとなったもようだ。

内務省はヘリコプターで医薬品や食料を運んでいる説明したが、担当者は「山岳地域も多く、詳細な被害状況の把握には時間がかかる」と述べた。外務省は各国に被災者の救助に向けた支援を呼びかけた。

アフガンでは2015年に北東部で大地震が起き、パキスタン北部と合わせ数百人が死亡した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)