• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.25136.28

フィリピン、中国との共同資源探査は交渉打ち切り 主権問題理由に

フィリピンのロクシン外相は23日、南シナ海での石油・天然ガスの共同探査・開発に向けた中国との交渉をドゥテルテ大統領の判断で打ち切ったと表明した。主権の問題と憲法上の制約を理由に挙げた。

フィリピンのロクシン外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相=2019年3月、中国・北京(ロイター)
フィリピンのロクシン外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相=2019年3月、中国・北京(ロイター)

ロクシン氏は中国の王毅国務委員兼外相と3年間にわたり交渉を続け、妥協点を探ったが、不調に終わったと説明。「石油とガスの議論は完全に終わった」と述べた。

ロクシン氏は「石油・ガス資源の開発はフィリピンにとって極めて重要だが、主権は犠牲にできない」と強調。「1インチの領域も一滴の水も譲ったことはない」と訴えた。

30日にフィリピン大統領に就任するマルコス氏も、中国に対し「われわれの海洋権益が踏みにじられるのを許さない」と述べている。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)