• 日経平均27993.73-255.51
  • ドル円134.92134.93

林外相「ウクライナ穀物貯蔵を支援」 首相表明の2億ドル

林芳正外相は28日の記者会見で、岸田文雄首相がドイツ南部エルマウで開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)で新たに表明した世界的な食料危機に対する約2億ドル(約270億円)の拠出金について、「ウクライナにおける穀物の貯蔵能力の拡大を支援する」と述べた。ロシアによるウクライナ侵攻で停滞している同国からの穀物輸出を後押しし、世界的な食料価格の高騰や食料不足に対処したい考えだ。

ウクライナの首都キーウ近郊の小麦畑=2020年7月(ロイター)
ウクライナの首都キーウ近郊の小麦畑=2020年7月(ロイター)

林氏は「ウクライナ国内の貯蔵能力の不足が予測される地域に対し、穀物の簡易貯蔵庫の配布・設置、および搬出用の機材等の供与を行うために急いで具体的内容の調整を行っている」と明かした。国連食糧農業機関(FAO)を通じて支援する。

ロシアによる封鎖で海上輸送が途絶している黒海に代わるルートからの輸出促進に向けては、「ルーマニアとの国境にある植物検疫所の処理能力の向上のための支援を実施すべく調整中だ」とした。

林氏は「7月から8月といわれている本格的な収穫期を迎えるウクライナからの穀物の輸出を促進し、世界の食料安全保障の強化に寄与したい」と述べた。

首相、G7で食料危機に2億ドル支援表明


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)