• 日経平均27999.96-249.28
  • ドル円135.06135.07

ロシア国債「債務不履行」 米格付け大手が見解 欧米制裁で利払いできず

【ワシントン=塩原永久】米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、支払い猶予期限を26日に迎えた外貨建てロシア国債がデフォルト(債務不履行)に陥ったとの見解を示した。ウクライナ侵攻を巡る欧米の対露制裁で、ロシアが利払いの規定に沿って利息を払うことができなかった。

ルーブル紙幣(ロイター=共同)
ルーブル紙幣(ロイター=共同)

対象となったロシア国債は、ドル建てとユーロ建てで、合計1億ドル(約135億円)相当の利払いをすることになっていた。5月27日を支払期限としており、今月26日には、その猶予期間も終了していた。

米財務省は特例措置として、ロシア国債の利払い受け取りを許可していたが、5月25日に特例が失効。欧米メディアは、国債保有者が利払いを受け取っていないことから、今月27日までに、ロシアがデフォルトに陥ったと伝えていた。

一方、ロシア政府は自国通貨ルーブルで支払うと主張。利払いを実行したと発表していた。これに対し、ムーディーズは「当社の定義ではデフォルトに当たると考える」として、ロシア側の主張を認めなった。

ムーディーズは経済・金融制裁を受けてロシア国債の格付けを停止しており、今回は格付けとは別にコメントとして見解を示した。同社は「今後の利払いについても、さらなるデフォルトが起きる可能性がある」と説明している。

格付けの信用評価で強い影響力を握るムーディーズが、事実上ロシアのデフォルトを認定したことで、金融市場でデフォルトの認識が広がるとみられる。

ムーディーズは3月、ロシア国債を非常に投機的であることを示す下から2番目の「Ca」に格下げしていた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)