• 日経平均26840.75624.96
  • ドル円144.85144.86

日本の電力不足にも影響大…身勝手に豪州産の石炭輸入を止めた中国が苦しむ「今夏の石炭不足」という想定外

PRESIDENT Online

上海の封鎖が解かれても状況は厳しい

他方で、中国の企業は世界的な資源価格の高騰や人民元安を背景とするコストプッシュ圧力にも直面している。特に、経営体力が限られる中小企業を取り巻く環境はかなり厳しい。ゼロコロナ政策による需要減少、不動産バブル崩壊による経済全体での債務リスク上昇に電力供給不安が重なることによって、事業運営の困難さは追加的に増す。

生き残りをかけて、これまで以上に雇用を削減しなければならなくなる事業者は増えるだろう。中国の雇用・所得環境は追加的に悪化し、個人消費を中心に内需は減少する恐れが高まっている。6月から上海のロックダウンが解除され徐々に経済が動きはじめた中での電力供給不安の台頭は、中国経済にとって軽視できない負の要因だ。

半導体製造に欠かせない黄リンもピンチ

中国の電力供給不安は、世界的な供給網に制約が発生する懸念がある。その一つとして、世界的な半導体不足に与える影響だ。昨年9月、電力不足を解消するために共産党政権はリン工場に生産を減らすよう命じた。リン鉱石は電炉で融解されて黄リンが製造される。黄リンを用いて半導体製造のエッチング工程で表面処理に用いられる高純度のリン酸などが生産される。リンは肥料の原料にもなる。

中国は世界のリン鉱石生産の53%を占める(2017年)が、その多くを国内で消費する。昨年、減産を指示された中国の化学メーカーはわが国が調達先としてきたベトナム産の黄リンを買いに回った。その結果、世界全体で黄リンの需給が急速に引き締まり価格が急騰したのである。4月以降の中国の黄リン価格の推移を確認すると、同月後半あたりから価格は上昇しはじめた。ゼロコロナ政策による物流停滞などの懸念が主な要因だろう。

世界のインフレ懸念はさらに高まる恐れ

6月に入り上海のロックダウンが解除されたことなどによって価格は幾分か下落したが、4月後半の水準を上回っている。電力供給が不安定な状況が続くことによってリン工場の操業度が低下して供給が減少し、世界的に黄リンの需給が逼迫して半導体生産に支障が出る展開は否定できない。このように中国の電力供給の不安定化は基礎資材の需給を急速に引き締め、世界の供給のボトルネックを一段と深刻化させる要因だ。

夏を迎えて気温は上昇し、冷房のための電力需要が各国で増える。中国は電力需要を満たすために石炭増産を急ぎ、ロシアやASEAN地域などからの石炭輸入も増やさなければならないだろう。他方で、ドイツなどの欧州各国はロシアからの天然ガスの供給減少に直面している。再生可能エネルギーや原子力によって電力需要を満たすことは難しく、石炭火力発電の増加は不可避だ。

わが国でも夏場の電力需要を満たすために休止中の火力発電所が再稼働される。世界各国による石炭争奪戦は激化し、価格が押し上げられるだろう。世界の資源価格には上昇圧力がかかり、インフレ懸念が追加的に上昇しやすい。中国の電力不足は共産党政権の経済運営だけでなく、世界経済の足を引っ張る問題だ。

真壁 昭夫(まかべ・あきお)

多摩大学特別招聘教授

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員、信州大学経済学部教授、法政大学院教授などを経て、2022年から現職。

(多摩大学特別招聘教授 真壁 昭夫)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)