パナソニックと千葉工大連携 ロボット家電開発で

 

 パナソニックと千葉工業大は13日、ロボット工学を活用した次世代の家電製品を開発する「パナソニック・千葉工業大学産学連携センター」を設立したと発表した。千葉工大の最先端ロボット技術とパナソニックの家電企画開発力を融合し、製品化に向けた技術開発に取り組む。

 これまで大学と企業の産学連携拠点は基礎研究を目的にするケースが多かったが、製品開発を前提に大学の先端技術を活用する拠点の設立は国内では珍しいという。