ドコモの学割 子回線は月額280円から 

 

 NTTドコモは19日、25歳以下向けに、毎月の携帯電話料金を1年間1500円割り引くキャンペーン「ドコモの学割」を27日から来年5月末まで受け付けると発表した。親のデータ利用量を分け合うプランに学割を適用すれば、子供用の回線の月額料金負担は280円からとなる。

 学割をめぐっては、ソフトバンクの格安スマートフォンブランドのワイモバイルが今月1日から受付を始めた。各社とも前回の学割は1月に発表していたが、早めに利用者を取り込むため12月に前倒している。

 ドコモは米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」のデータ容量64ギガバイトモデルが、学割を使えば、端末代金と合わせた場合でも月額1480円から利用できることをアピール。格安スマートフォン事業者に対抗する考えだ。