富士通&米マイクロソフト AI分野で協業、働き方改革支援

 

 富士通は22日、米マイクロソフト(MS)と人工知能(AI)分野で協業することで合意したと発表した。両社のAI技術を融合し、働き方改革支援サービスの提供を来年4月以降に始める。

 やりとりされるメールや業務文書などのデータを分析して仕事の優先順位を付けるといった改善策を提案し、生産性向上にもつなげる。平成32年までに2000億円規模の事業に育てていく考え。