無資格検査問題 国交省、日産本社立ち入り 経営陣から聞き取り

 
新車の無資格検査問題を起こした日産自動車本社に、立ち入り検査に入る国交省職員ら=22日、横浜市

 国土交通省は22日、新車の無資格検査問題で日産自動車の横浜市の本社を立ち入り検査した。原因と再発防止策をまとめた日産の報告書の内容が適正かどうか確認する。一連の問題が発覚して以来、日産本社への立ち入り検査は初めて。

 石井啓一国交相は22日の記者会見で、立ち入り検査では経営陣からも聞き取りを行うと表明した。

 午前10時ごろ、報道陣や一般人も見守る中、厳しい表情の国交省職員8人が本社ビルに入った。日産は「各工場での再発防止策が本社で適正に管理されているかを確認するためと理解している。検査に全面的に協力していく」とのコメントを出した。

 国交省は既に各工場に立ち入り検査に入っており、本社の体制も点検することでルールの順守を徹底させたい考えだ。