平和、北海道北広島市にIR提案 自然・芸術・スポーツを融合

 

 平和(東京都台東区東上野)は13日、北海道北広島市に対して統合型リゾート(IR)開発を提案した。

 同社は遊技機メーカーである一方、「もっと楽しめる未来をつくろう」を合言葉に、全国に140カ所のゴルフ場を保有・運営するPGMホールディングスを子会社化するなど、社会の発展に貢献する総合レジャー企業を目指して事業を展開している。

 その活動の一環としてIR進出の検討を重ねてきた結果、四季を通じて国内外の観光客を魅了し、多様な文化や豊かな自然を誇る北海道で、PGMホールディングスが保有する「札幌北広島ゴルフ倶楽部」(約280万平方メートル)を活用した開発が最適であると判断した。

 IRのコンセプトは「世界初の四季を通じた自然・芸術・スポーツが融合した統合型リゾート」。なお、敷地内には約5000人の収容が可能な国際会議場を含む国内最大級のMICE施設や2000室規模の五つ星宿泊施設に温泉、広大な土地と豊かな自然環境を生かしたアジア最大の屋外劇場・ランドアートミュージアム、多様な種目に対応するウインタースポーツ施設、北海道特有のアイヌ文化や食文化を生かしたレクリエーション施設の整備と、メジャーな国際大会を誘致できる国内最上級のゴルフ場への改修を掲げる。

 今後は、IR実施法案の作成・審議状況を見ながら、同時に開かれた形で関連事業者が参画できるコンソーシアムを形成すべく、北海道内において関心のあるすべての事業者をはじめ、国内外の関連事業者や国外の大手IRオペレーターとも協議を進め、実現に努めていくとしている。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)