コンビニ、無人販売に手応え オフィスビル内 ローソン来年4倍に

 
ローソンがオフィスビルに展開している無人売り場=東京都品川区

 コンビニエンスストア各社がオフィスビル内での無人販売に力を入れ始めた。ローソンは来年中に1000カ所と4倍に増やす計画で、セブン-イレブン・ジャパンも交通系ICカードで支払えるコーヒーマシンを新たに投入する。全国の店舗数が5万5000を突破し、1店舗当たりの業績が伸び悩む中、顧客により近い場所まで進出して需要を深掘りする狙いだ。

 「間食用のスナック菓子やナッツがよく売れる」と手応えを語るのは、ローソンの竹増貞信社長。1畳ほどのスペースに商品棚と無人レジを組み合わせておく「プチローソン」の展開を、今年7月始めた。

 いわゆる「置き菓子サービス」は江崎グリコや森永製菓も手がけるが、冷凍庫なども備えるプチローソンは品ぞろえが多く、スマートフォン決済も可能。「職場外へ出かける手間が省けて好評」(ローソン広報)といい、拡大へ向け商品ニーズの分析を急ぐ。

 セブンは、現在の約50カ所を来年2月に100カ所まで増やす予定。商品補充などを専門会社に任せるローソンと異なり、「近隣の店舗に運営してもらうためじっくり増やす」(古屋一樹社長)というが、最大手だけに態勢が整えば一気に拡大するのは間違いない。

 オフィス内での無人販売が広がる背景には、「外出に時間がかかる高層ビルが増えたほか、社員食堂や、売店の維持コストを減らしたい企業ニーズがある」(ファミリーマート広報)。

 ファミリーマートは、弁当やサラダなどを売る「自販機コンビニ」で先行。物流センターや病院からの引き合いも強く、再来年2月には3000カ所に達する見込みだ。

 一方、ミニストップは店内ベーカリーを備え、クラフトビールなどの「ちょい飲み」もできる有人の新型店を東京駅前のオフィスビルに開いた。「日中が中心で人繰りが容易」(広報)なのもメリットという。

 コンビニ業界では「店舗数の飽和」がささやかれて久しい。日本フランチャイズチェーン協会によると、前年同月と比べた既存店客数は直近11月まで21カ月連続マイナスと伸び悩みが続く。人手不足も深刻化する中、新しい形の売り方が来年以降も広がりそうだ。 (山沢義徳)