トヨタ、17年世界販売3位の公算 VWは中国や欧米の販売が好調

 

 トヨタ自動車の2017年のグループ世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)が、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)や、日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の3社連合を下回り、世界3位に後退する公算が大きくなったことが27日、分かった。

 トヨタが同日発表した1~11月のグループ世界販売は前年同期比2.8%増の947万4000台。16年に首位だったVWは3.9%増の974万3400台と差をつけた。日産、ルノー、三菱連合の世界販売はそれぞれの台数を単純合算すると960万1916台だった。合計数値は発表していない。

 VWは中国や欧米の販売が好調で、12月も勢いを維持するとみられる。日産、ルノー、三菱連合は、国内で日産の無資格検査問題の影響が出ているが、海外では販売を伸ばしているため年間でトヨタを上回りそうだ。

 トヨタは、国内は好調だったが、主力の米国市場ではガソリン安を背景に大型車が人気で、得意のセダンが伸び悩み、ほぼ前年並みにとどまった。中近東は落ち込んでいる。17年は前年比2%増の1035万4000台と見込んでいる。

 16年は首位VW、2位トヨタ、3位米ゼネラル・モーターズ(GM)、4位日産・ルノー連合だった。GMは17年1~11月実績を発表していないが、1~9月は前年同期比2.2%減と苦戦しており、4位になる可能性がある。