宇宙ベンチャー飛躍の年に 地球観測や人工流れ星…打ち上げ続々

 
インターステラテクノロジズのロケット「MOMO」初号機の打ち上げ。目標高度には達しなかった=2017年7月30日、北海道大樹町(同社提供)

 ■30年代前半までに市場規模2.4兆円

 米財団主催の月面探査レースに参加するチーム「HAKUTO(ハクト)」の無人探査機が、近くインドから打ち上げられるなど、2018年は日本の宇宙ベンチャーにとって大きな飛躍の年になりそうだ。アクセルスペース(東京都中央区)は、地球観測用超小型衛星「GRUS(グルース)」を打ち上げるほか、世界初の人工流れ星開発を目指すALE(エール、同港区)も打ち上げの最終準備を進めている。多くのベンチャーが、宇宙を利用するビジネスに近づいている。

 アクセルスペースの超小型衛星は、大きさが60×60×80センチで、重さは約80キロ。18年に最初の3基を打ち上げ、次々と衛星を宇宙に送り込む。最終的には、50基を使って地球を観測する。

 衛星には最新のセンサーを使った望遠鏡を搭載しており、幅50キロ以上に及ぶ範囲で地表を撮影、画像提供サービスを目指している。中村友哉社長は「土地利用の調査や被災状況の監視などがより効率的にできるようになる」と期待する。

 一方、ALEの人工流れ星は、衛星から流れ星のもととなる物質を宇宙空間に放出。その物質が大気圏に突入することにより、地上では直径200キロの範囲で流れ星が見える仕組み。計算上は、打ち上げ花火の約10倍広い範囲で流れ星を見ることができる。

 東北大学や首都大学東京、神奈川工科大学、日本大学と共同で、流れ星になる物質を放出する装置や、人工衛星の開発を進めている。

 19年に広島県の瀬戸内海沿岸で観測イベントを開く計画。岡島礼奈最高経営責任者(CEO)は「多くの人が楽しんで願い事ができるような数の星を降らせたい」と目を輝かせる。

 大きな試練

 ベンチャー企業の事業には、リスクが付きものだ。

 アストロスケール(シンガポール、開発拠点は東京都墨田区)は、機能しなくなった人工衛星などから飛散したスペースデブリ(宇宙ごみ)を回収する事業を目指して日本人が創業した。デブリ観測衛星を、ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのロケットを使い、17年11月、ロシア極東のアムール州から打ち上げたものの、衛星の軌道投入に失敗。今後の計画を再構築している。

 アストロスケールの担当者は「いきなり大きな洗礼を受けた」と落胆を隠さない。

 多くの衛星がデブリとの衝突で故障している。宇宙ごみは、直径1センチ以上のもので推定約50万個あるとされているが、それ以下の数ミリ級になると数が確認できていない。それらをデブリ観測衛星で確認し、宇宙ごみ回収事業の足がかりにするはずだった。

 インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)も17年7月、観測ロケット「MOMO」を打ち上げたが、予定の高度100キロには届かなかった。既に2号機の開発を進めており、18年春にも打ち上げる予定だ。

 多くの支援も

 銀行など既存の金融機関は、宇宙ビジネスの事業化までに多額の費用と時間が必要とあって、融資には慎重だ。「ソフトウエア開発のように短期で大きな成長が見込めない」と投資に二の足を踏むベンチャーキャピタル(VC)も多い。

 そんな中で、あらゆる面から宇宙ベンチャーを支援しようとする動きもみられる。

 政府系ファンドの産業革新機構や日本政策投資銀行は17年12月13日付で、ispace(アイスペース、東京都港区)に出資。同社は民間出資分も合わせて100億円超を調達し、月面着陸船を開発する。20年には月に到達させ、水など資源の埋蔵量を調べる計画だ。

 政投銀で、宇宙ベンチャーを担当する航空宇宙室の山本覚課長は「私どもの出資や融資が民間による新たな融資や投資の呼び水となることで、宇宙関連産業の盛り上げを後押ししたい」と語った。

 また、内閣府は17年に初めて、宇宙をテーマにしたビジネスプランコンテスト「S-Booster」を開いた。「JAXA(宇宙航空研究開発機構)などと連携して、スタートアップ(創業初期)のベンチャーを支援したい」として、18年以降の開催も検討している。

 これまで宇宙ビジネスの世界は、衛星やロケットの開発が中心だったが、いまやテーマはユニークな宇宙空間の活用に変わってきている。革新的なアイデアを持つ、新しい宇宙ベンチャーの登場を期待したい。

 内閣府が17年5月に公表した「宇宙産業ビジョン2030」によると、政府は30年代前半までに、宇宙関連市場の規模が現在の2倍に当たる2兆4000億円になると試算している。その市場には多くのベンチャーが必要になるはずだ。

 ■主な宇宙ベンチャー企業

 (会社名/本社/主な事業)

 ispace/東京都港区/月面での資源探査

 アクセルスペース/東京都中央区/衛星で撮影した画像の配信

 ALE/東京都港区/人工流れ星

 アストロスケール/シンガポール/宇宙ごみの回収

 インターステラテクノロジズ/北海道大樹町/小型ロケットの開発

 植松電機/北海道赤平市/小型ロケットの開発

 PDエアロスペース/名古屋市緑区/航空機型宇宙輸送機の開発

 インフォステラ/東京都渋谷区/衛星通信用アンテナシェアリング

 ウミトロン/東京都港区/衛星で観測した海洋データ活用による水産養殖技術の開発

 ビジョンテック/茨城県つくば市/衛星リモートセンシング技術の開発

 スペースシフト/東京都港区/宇宙葬など