【2018 成長への展望】ANAHD社長・片野坂真哉さん(62)新中計策定で事業の選択と集中急ぐ

 

 --昨年は好業績だったが、今年の抱負は

 「国内線、国際線ともに伸びた。羽田や成田空港の発着枠の増加が一段落して、2017年度と18年度を安全と品質向上の2年間に充てた。定時運航に全力を挙げるほか、品質面では国内線のワイファイ(公衆無線LAN)設備を増やすほか、シートにテレビモニターがついた機材を投入したい」

 --新たな中期経営計画も発表する

 「ポスト東京五輪を見据え、22年までの5年計画にする。大きな柱が3つ。1つは全日本空輸(ANA)と格安航空会社(LCC)の事業比率の最適化を図る。計画期間中に中距離版LCCを実現したい。2つ目は関連事業の選択と集中。3つ目はANA版のソサエティー5.0。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を生かし、商品を魅力的にする。コールセンターが応答しやすくなったり、空港で自動翻訳技術を導入したりすることも必要」

 --航空業界を取り巻く経営環境をどうみる

 「米国経済や欧州経済、アジア経済が好調という追い風で航空需要が堅調。後は突然起こるリーマン・ショックやテロのような事態に常に備える。利益率も上がってきて財務体質も良くなった。傘下のLCC2社はともに国際線だけでなく国内線でも存在感を出していて、地方路線も釧路や奄美などを開拓している。競合の日本航空は積極的に投資をしてきているのでわれわれも負けないようにしたい」

 --顧客の嗜好(しこう)に変化はあるか

 「シニアもインターネットを使って自由に予約したりホテルを自分で手配したりしている。また、インスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使い、顧客自身が映画俳優のように旅を楽しんで写真を撮って発信している。これに対応したマーケティングが必要になってきた。最近では高級ブランドを追いかけるのではなく、地球に優しい素材や機内食へのこだわり、そういったものに着目しないと顧客に選ばれなくなってくる」

 --インターネットを使った越境通信販売が貨物事業の追い風になってきた

 「貨物は数年前、非常に苦しんだ時期があったが、16年度下半期から国際貨物が伸びてきた。17年度上半期の決算では前年同期比で単価が20%増、収入は31%増。アジアや日本から中国に半導体部品を入れ、中国で生産したものを米国に輸出するとか、国をまたいだ取引が活発だ。単価を上げて収益を高めていきたい」

                  ◇

【プロフィル】片野坂真哉

 かたのざか・しんや 東大法卒。1979年全日本空輸入社。同社人事部長、常務、専務、ANAHD副社長などを経て、2015年4月から現職。鹿児島県出身。