【クラウドWatch】手の甲の静脈認証で入退室

 

 ■クオリティソフト、勤怠管理システム発売

 クオリティソフト(和歌山県白浜町)は、SYNCHRO(シンクロ、東京都千代田区)が扱う手の甲静脈認証システム「VP-2X」の販売を開始した。

 VP-2Xは、手の甲の静脈を用いた入退室管理・勤怠管理ソリューション。気温や体調の変化を受けにくい手の甲の静脈を認証に利用する点が特徴で、身体の一部を用いて認証するため、鍵やカードなどの管理が不要となり、紛失やなりすましのリスクを削減できるという。

 また、オプション機能を利用すると、入室時に発行されるワンタイムパスワードとパソコンのログイン認証を連動させることも可能で、より厳格なセキュリティー環境を構築できる。

 クオリティソフトは、「ISM CloudOne」によるセキュリティー対策にVP-2Xを組み合わせることで、統合的なセキュリティー対策を実現するとしている。

 今後、働き方改革への対応として、オフィスの入退室にVP-2Xを設置し、従業員の入退室時間を勤怠管理に活用するソリューションの提供も予定。(インプレスウオッチ)