日立とサンヨーホームズ、高齢者向け生活支援で協業

 

 日立製作所は29日、高齢者向けの生活支援サービスでサンヨーホームズと協業を開始すると発表した。

 サンヨーホームズの住宅や介護施設、関連設備と日立のIoT技術を活用し、高齢者の見守り支援のほか、生活・行動パターンを分析して高齢者の健康を維持するサービスなどを展開する予定だ。

 見守り支援では、カメラなどを使って高齢者の日々の生活や変化を捉えて離れて暮らす家族に伝える。また、全国に約4000店舗ある日立の地域家電店「日立チェーンストール」の店員が定期的に高齢者を訪れて高齢者の様子を見守るサービスなども行う。健康維持につながるサービスも検討しており、2018年度中に大阪府豊中市のデイサービス施設で実証を始める。