楽天、朝日火災を450億円買収 損保参入で金融事業強化

 

 楽天は29日、野村ホールディングス傘下の中堅損害保険会社、朝日火災海上保険(東京)を約450億円で買収し、完全子会社化することを目指すと発表した。損保事業への参入で金融事業を強化し、収益源の多様化を加速する。

 1月30日から3月13日までの30営業日、株式公開買い付け(TOB)を実施し、野村グループなどの株主から朝日火災の株式を取得する。

 楽天は、楽天会員を損保の契約者として取り込むことで、強い顧客基盤の構築を目指す。損保商品を代理店とネットの2つの経路で売る方針も示した。生命保険を扱う子会社、楽天生命保険との相乗効果も販売面で見込めるという。

 楽天は、電子商取引(EC)で蓄積した顧客データも活用して独自の保険商品を開発する。自社で手掛ける民泊事業で、民泊事業者向けの火災保険などの開発も視野に入れる。

 一方、野村ホールディングスは29日、TOBに応じることを決めたと発表した。損保業界では東京海上ホールディングスとMS&ADホールディングス、SOMPOホールディングスの大手3社による寡占化が進み、中堅にとって事業環境が厳しくなっていると判断し、朝日火災を手放す。