エクソン、米で5兆円投資 減税後押し、雇用増も

 

 米石油大手エクソンモービルは29日、今後5年間で米国に500億ドル(約5兆4千億円)超を投資すると発表した。ダレン・ウッズ最高経営責任者(CEO)は今回の投資について「(法人税減税を柱とする)米税制改革が後押しした」とした。

 計画の一部として、数十億ドルを投じて南部テキサス州や西部ニューメキシコ州で増産に向けた投資を実施し、数千人を新規雇用するとした。

 エクソンは昨年3月、米南部にあるメキシコ湾岸の石油製造施設の拡張に200億ドルを投資すると発表。トランプ米大統領がツイッターで謝意を表明していた。(共同)