豊田合成、居眠り・脇見検知のハンドル 運送会社向け、スマホが警報音

 
取り付けられたカメラ(円内)で運転手の居眠りや脇見を検知するトラック用ハンドル

 トヨタ自動車グループの部品メーカー、豊田合成は31日までに、運転手の居眠りや脇見を検知し、連動したスマートフォンが警報音を鳴らすトラック用ハンドルを発表した。既存のハンドルと取り換えて使う後付け製品。運送会社向けに販売し、事故防止につなげる。既に豊田合成グループの運送会社に導入を始めている。

 ハンドルに付いたカメラが運転手の目の動きや顔の向きを捉え、目を約1秒以上閉じたり、視線を前方から外したりすると、専用アプリを通じてスマホが「ピピピ」と警報音を出して注意を喚起する。

 アプリには運転手の状態を運送会社に送信する機能もあり、無理な運転を抑制する。年間3000個の生産を予定している。