ソニー、吉田氏が社長昇格 経営体制を刷新、さらなる成長目指す

 
4月1日付で新社長に就任する吉田憲一郎氏(右)と、会長に就く平井一夫社長=2日、東京都港区

 ソニーは2日、吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO、58)が4月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を発表した。構造改革を進めてきた平井一夫社長兼CEO(57)は業績回復に一定のめどがついたことから代表権のない会長に就任する。経営体制を刷新し、さらなる成長を目指す。

 吉田氏は、平井氏と二人三脚で構造改革に取り組みソニーをV字回復に導いた。東京都内の本社で記者会見した吉田氏は「より良いソニーのため全力で取り組む。競争力を高めていくことが課題だ」と語った。後任のCFOには、2018年度からの中期経営計画の策定を担当した十時裕樹最高戦略責任者(CSO、53)が就く。

 ソニーは同日、18年3月期連結決算の業績予想を発表。本業のもうけを示す営業利益は従来より900億円多い過去最高の7200億円に上方修正した。

【プロフィル】吉田憲一郎氏

 よしだ・けんいちろう 東大経卒。1983年ソニー。ソニーコミュニケーションネットワーク(現ソニーネットワークコミュニケーションズ)社長などを経て、2015年4月からソニー副社長兼CFO。熊本県出身。