スズキ、四輪車の世界販売過去最高を記録 17年4~12月期、増収増益

 
記者会見するスズキの長尾正彦取締役常務役員=5日午後、東京都内

 スズキが5日発表した2017年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比21.0%増の2兆7248億円、最終利益が23.2%増の1643億円と増収増益だった。四輪車の世界販売台数が11.5%増の計236万8000台となり、4~12月期として過去最高を記録。同期の売上高、最終利益を最高水準に押し上げた。

 四輪車事業は、主力のインド市場が15.5%増の122万6000台で過去最高だった。欧州と東南アジア諸国連合(ASEAN)地域でも販売が伸びた。国内市場は主力の軽自動車に加え、登録車の販売も増加し、6.1%増の46万8000台だった。

 二輪車事業も好調で、世界販売台数は17.2%増の119万台だった。インド、中国などが牽引(けんいん)した。

 18年3月期の通期予想は据え置いた。東京都内での決算会見でスズキの長尾正彦取締役常務役員は「為替が見通せない」と理由を説明。トヨタ自動車との業務提携に関しては「静かに深化している」と述べるにとどめた。